2017.04.16「4th最終ステージ」
最終日、森川マッサーと!
c0197974_20403949.jpg
監督とリーシャ!
c0197974_20404599.jpg
スタート地点迄は選手は自走!白いウエアーに黄色いシューズ。グリーンとブルーのYONEXバイクのキナンサイクリングチームは無茶目立ちます。
c0197974_20593039.jpg
本日はど平坦、街中のクリテリウム。一周10km程のコースを10周のレースです。
殆ど柵の無いコース。どんな感じで交通規制するのかなと思っていたのですが思いのほかキチンと規制されていてビックリ。
でも、コースの途中、工事中で無茶細くなっている所が在ったり、やはりインドネシアだなと(笑)!

今回森川マッサーが補給に立ってくれた事もあり、自分の乗っているサポートカー迄下がって補給に来る選手も無く、最終ステージ、サポートカーの中は平和です。
c0197974_21481980.jpg
今日は日曜日、この地域最大のモスクと言う事で観客も一杯。
2周目位から当チームのマルコス・ガルシア選手が逃げ、同調した選手と4人で最大5分位迄広がる。

c0197974_21481239.jpg
ガルシア選手の逃げも掴まり、中島選手も逃げを打つが協調する選手もいず、最後はスプリント勝負となった模様。

18日、19日と以前から予定を入れてあったので、17日中に日本に帰らなきゃいけないので自分一人だけ本日帰国。
早めにホテルに帰り、自転車7台洗車、スペアバイク2台輪行、作業台、キャリア、洗車用具他の詰め込みを頼まれる。

個人総合は取れませんでしたが、チーム総合優勝の表彰等があるので森川マッサーと一緒に先に帰って作業。
ホテルに帰る途中インドネシアっぽい建物が一杯。
現地ドライバーさんが気を聞かせてくれたのか、そんな所では写真が撮りやすい様にゆっくり走ってくれた。
c0197974_23241746.jpg
花嫁行列にも出会えました。
c0197974_23280991.jpg
ホテルに帰り、無事作業も終え、後は自分の荷物の整理。
マッサーと同じ部屋なので順に選手がマッサージに。
キナンサイクリングチームの選手はホント気に良い選手ばかりで、皆「Nice job!」と言って褒めてくれた。
こんな一言が本当嬉しいんですね!
とりあえず、ノートラブル、ノーパンクで終われたので今回のメカもまずますだったかなと自己評価(笑)。
c0197974_00171374.jpg
マッサーを受けてるリッチーは元UCIプロツアーに参加していた自転車ロードレースのチームエウスカルテル」で走っていた選手。丁度自分が行った2013年のパリルーベに出場して完走していたのだとか!!もしかしたら会っていたかも!
パリルーベは北の地獄とかクラッシックの女王とも呼ばれ、平坦コースなのですが、過酷な石畳を狙ってコースレイアウトされる無茶厳しいレースです。
正規のレースはパリからルーベ迄260kmを走るのですが、一般の人が走れる「ルーベチャレンジ」と言う140km位走るイベントかあり、自分も走らせて貰ったのです。
c0197974_12230590.jpg
次の日は本番のパリルーベ、自分が走った所だからどれだけ選手が凄いのかが分かりました。
リッチーもココを走ったんだなと!


今回のレースで唯一のトラブルと言うか、ちょっと焦ったレース中の作業が一つ!
2ステージか3ステージのレース中(多分2ステージだったと思うんですが)、マルちゃん(ガルシア選手)から「メカニック」と呼ばれ、何かやらかしたかな??と思い監督が車で近づくとサドルの位置が悪いと??
ポジションを凄く気にする選手でレース中に変えたくなったのかアーレンキーを要求され止まって自分自身でサドルの位置を変え始める。
ココは任せるしか無いので終わったらアーレンキーを受け取り思い切り押してサポート。
ちょっと走ったら又戻って来て「もう少し締めてくれ」と要求され走ったまま作業をする事に。
マルちゃん、スペイン語なんで何言っているか分からなかったのですが石田監督からのサポートで助かりました。
でも締めようと思うが、走りながらだとどちらも揺れているんで中々工具が穴に入らないんですね!!
自転車を持ってしまうと選手がバランスを取れなくなるので、、、でも持たないと締められないし。
丁度,一日目にネイサンがトラブった時の大西メカとの話を思い出し実践。
なんと、工具も無事入り、締めるときだけ一瞬サドルを押さえ、増し締め出来ました。
何気ない会話の中にヒントがあるんですね!大西メカ様々です!!ありがとうございました!

でも、まだまだ覚える事は沢山。勉強に終わりは無い!!というかメカニックってどれだけ場数を踏むかということでしょうか。トラブった時の対処もやればやっただけ上手くなると思います。

今回、自分が日本に持って帰ったのが輪行バック2個、自分のソフトトランクバッグ1個と機内持ち込みのデパック1個。
1つはスペアバイク、もう一つは背面キャリヤ、作業台、スペアパーツ、洗車用具他を詰め込みパンパン(笑)。
自分の荷物の中に工具箱を何とか詰め込んだので1つ減りましたが、ロンボク空港で3個預けたときの総重量が67kg!!
オーバーチャージ取られるかなと思いましたが何も言われずそのままスルー、,,,助かった!!

さあ、後は日本に向け帰るだけ。一人だけで初めての国、ジャカルタ空港の乗り換えなどちょっと心配だけど何とかなるでしょう!!

by bike-quest | 2017-04-16 23:24
<< 2017.04.17「帰国」 2017.04.15「3rdス... >>