2017年 06月 03日 ( 2 )
2017.06.02「ディスクブレーキ」
動きが悪い、効かない、レバーがスカスカ、音がするなどというディスクブレーキの修理が最近多いです。

オイル、ワイヤー式種類も色々あり、調整方法も違う。

オイル式は2種類に分かれていて車と同じDOT系ともう一つミネラル系のオイルを使う物があります。
入れ間違えると大変なことに!!

今日も動きが悪いと入庫したバイク。
c0197974_04525951.jpg
オイルが減って、真っ黒でした。
オイル入れ替えてやったら元に戻りました。これはDOT系のオイルなので定期的に入れ替えないと動きが悪くなる物が多いですね。

マグラ、シマノのミネラル系の方が長く使ってもトラブルが少ないような気がします。

また自転車の場合は車と違いフローティングタイプではないのでキャリパーとディスクプレートが擦らないようにするのが大変です。

ネジ閉めると台座が動いちゃうんですね。
でもここに注油すると締めた時に動きにくくなります。
c0197974_05001522.jpg
ボルトとワッシャの所に少量の油をポチッと!
自分は専用の極細針のオイラーを使ってます。スプレーじゃブレーキ部分に飛んでしまうのでダメです!!

というかどこでもネジを閉める時は油、またはグリスを入れて組み上げましょう。
いくらトルクレンチ使って締めても動きが悪ければ規定トルクかかってませんから!
「ギギギッ」て音を鳴らしながら締め付けている人を見かけますが本当良くないと思います、またネジの部分に注油することにより、ネジも錆びにくくなります。

適材適所、オイル、グリス、色々使い分けています。
最近は和光ケミカルというオイルの専門家が来てくれるので本当に助かります!
一度ラボにもお邪魔する約束もしているので早めに行きたいなと!!

今度7月1日(土)に当店で洗車講習会も開いてもらいます、気になる方は是非時間作ってお越しください!
詳細はまた近くなったら書き込みます!宜しくお願い致します。

by bike-quest | 2017-06-03 23:47
2107.06.03「愛情」
最近、「他のお店で買ったんですけど修理して貰えますか?」とか「OHってやってもらえるんですか?」とか聞かれることが多い。
当店で出来ることならお受けしますとお答えしています。

先日もOHということでお持ち頂きましたが、びっくりするほど何も手が入っていないバイクが多いのに驚きます。
ブレーキやシフトの引きは重い、ヘッドのグリスはカラカラで何も入っていない、ワイヤーの長さも無茶苦茶。
もっと愛情込めて仕上げましょう。

ワイヤーも引きが軽くなるようワイヤーの長さを調整したり、外してグリスを塗ったり、色々な所、長く使っても悪くなりにくいように仕上げたいですね。
自分もいろんなバイクを修理するので悪くなりやすい所は解ります、毎日新車の組み立てばかりやっていては気がつかない所もあるのです。
色々なトラブルを解決する事により、自分の引き出しが増えるんですね!!
ありがたい事に相談できる仲間も沢山増え、得意分野は教えたり、苦手分野は教えてもらったり、メーカーさんとの繋がりもこの歳になると深くなる(笑)。
聞けるという事、勉強させていただけるという事は本当に大事だと思います。
プロチームのメカニックも他の人の作業が見られる、その場で聞ける。本音の話が出来るのが素晴らしいです。
まだまだ覚える事は一杯、とにかく外に出て色々情報をインプットしたいです。

自転車は電気製品などと違い、その店で組み上げるので差が出るんです。
先日もお客様から「組んでもらったバイクのブレーキの引き、他のバイクと比べて本当軽いね!」と言われ嬉しかったです。
特に女性の方、子供さんのバイクはもう一手間かけてあるので触って頂ければ分かると思います。

コラムの切り口なども綺麗に仕上げようと。斜めはもちろんダメですが、切りっぱなしも嫌ですね!
c0197974_04365663.jpg
見えない所も手を抜かないよう頑張ります!

by bike-quest | 2017-06-03 23:12