2017年 11月 27日 ( 1 )
2017.11.27「STORCK&組み立て作業」
久しぶりにTEAM58の千葉くん来店。彼は岡崎出身、大学時代からのお付き合い。
沖縄でトライアスロンスクールを立ち上げ、今では愛知県にも2校、凄いな!!
沖縄に行かれてからなかなか会う事も少なくなりましたが、ちょいと太ってしまいましたね(笑)!

今日はSTORCKの代理店を始めたとの事で、フレームを何本か持って来てくれた。
自分も以前何本か乗っていましたが、ちょっと残念でしたが取り扱いが出来なくなりました。

でもまたこれで取り扱い出来る事になりました。
c0197974_08220184.jpg
トライアスロンでは田中敬子さん(先日、山本敬子さんになられましたね!!おめでとう!!)が乗られていたAERO 2はトライアスロンのTTフレームとしては軽量で作りも綺麗ですね!
c0197974_08220181.jpg
STORCKのカーボンロードの入門モデル「ヴィジョナー」、価格は210,000円と言うSTORCKとしては結構頑張った価格設定だと思います。

今年から取り扱えますので、宜しくお願い致します。

組み立ても順に!!
c0197974_08220236.jpg
ワイヤーの取り回し&長さが気に入らないのでバーテープ外してやり直し。でもワイヤー抜いたら、、、BB迄外す事になり、大変でした。
と言うかこのバイクのフロントのワイヤーの流れ、このままじゃワイヤーの中に水が入って抜ける所が無く、使っていると動きが悪くなる。
自分的には無茶アウトな取り回し、どのみち手を入れなきゃいけなかったんで良かったです。

新品の時は良いんですが、自分たちはその後、調整、点検、修理するのが大事な仕事。自転車は電気製品と違い、メンテナンンスフリーではありません。
ネジも緩むしワイヤーも伸びる、後のメンテナンスが非常に大事だと思います。
毎日修理しているから色々なトラブルに出くわし、次はそのトラブルが出ない様に組上げるにはどうしたら良いかを考える、自分も毎日進化しています。
トラブルに対しての引き出しが多くなってくるんです!

現在はキナンサイクリングチームのメカニックをさせて頂いていますが、レースでの情報量はお店では考えられない程多いです。またメカニック同士の情報交換は本当にありがたいです、皆隠し事無く教えてくれます。(対外的にはNGな事が多いですが(笑))
c0197974_08220282.jpg
今回組上げたバイク、アウターもこれだけ切ったんです、長過ぎますよね!!!
皆、あのまま組上げているんだろうか??そのままなら無茶かっこ悪い!!
でもワイヤー抜かなきゃ切れないから、BB外す事になる、、、と言う事は何かトラブルがあったときにはBBを外す??

メーカーさん、ホント組む人目線でのフレーム作り、お願いしますね!!

by bike-quest | 2017-11-27 23:04