2009.04.05
c0197974_19255743.jpg
パンク修理材を入れてもパンクが直らなかったと御持ち頂いた自転車。
液体の修理材を入れた時点で、パンク修理はほぼ出来なくなります。
中から液が出てくるのでゴムのりがくっつかないのです。
小さな釘とか、ガラス、画鋲くらいならなんとかなりますが、空気入れで膨らまないくらいの穴は塞げません。
チューブ交換になり、かえって高く付く事があります。パンクは張って直した方が確実です!
by bike-quest | 2009-04-05 23:26
<< 2009.04.06 2009.04.04 >>