2015.06.14「MAVIC」
車輪を変えたいんですがというお客様がご来店。
2015.06.14「MAVIC」_c0197974_6213350.jpg


丁度重なってキシリウムSLEエグザリットのご注文のお客様がご来店。
だいぶMAVICに付いて語ってしまいました、申し訳ありません。
自分はホイールだけに特化しているMAVICが好きなんですね!!パーツ屋さんなら他で利益出せるんですが、MAVICはホイールだけなんです。(靴やペダル、ウエアー等もありますが、、、)
ホイールだけに特化した一途なメーカーって良いと思いませんか!

以前も書きましたが、自転車の性能を上げるのにはホイールを変えるのが一番費用対効果が高いと思います。

ホイールを買いに来る方がよく聞かれるのが手組のホイールと完組(完成品)のホイールとどちらが良いですか?と言う質問。

単純な性能というか走りでは手組のホイールは完組のホイールには敵わないと思います。

しかし、手組のホイールの良さもあります。
どんな使い方をされるのか、どんな所を走るのかで好みに合わせて組み上げることができますね。

スポークのテンション固め、柔らかめとか、いくら古くなっても同じパーツと言うこだわりが無ければ直せます。
ブルペに参加の方は手組で組んで欲しいというオーダーが多いですね。乗り心地重視なのでしょう。
パリールーベも同じ意味で手組のホイールが多数派でした、でも3年ほど前に見に行きましたがプロのレースはカーボンディープのホイールだらけでした。このレースでも手組ホイールは少数派になってしまいましたね!

完組はリム、ハブ、スポークが専用設計のため突っ込んだ設計が出来ます。
手組と比べるとカッチリ感が違います。横剛性は圧倒的に完組のホイールが優位です。単純に速く走るなら完組でしょう!
リア車輪の左右のスポークテンションの差を少なくする様な構造とかベアリングの位置等、トータルで考えるのでやはり良い物が出来ると思います。

完組でも手組でもホイールの重量を軽くするだけなら部品を軽い物にすれば良いのですが、軽いリム、細いスポークや剛性の低い軽い小さいハブを使うとスポークのテンションをある程度上げても剛性が無くフニャフニャのホイールになってしまいます。

ダンシングするとたわんでブレーキに擦ってしまうとか、下りのコーナーで膨らんで行く感じがするとか、タイヤに空気が入っていないような引きずった感じがするとか、軽いだけで走らない車輪になってしまいます。
見かけの重量にだまされないようにしましょう!

組んだ後も出来れば一度慣らしてから調整して頂くと良いかも。自分は慣らさなくても良いくらいにある程度仕上げますがただ組み上げただけだと初期の振れが出やすいです。

スポークテンションをあげれば固くて良いホイールが出来ると勘違いしていた時、あげすぎると逆に横剛性が落ちるというデータを見せてもらったことがあります。

ホイールは奥が深い、まだまだ勉強することが一杯です!!!
by bike-quest | 2015-06-14 23:47
<< 2015.06.15「Kino... 2015.06.12「修理、組... >>