2109.05.22「ツアーオブジャパン、美濃ステージ」
選手は美濃ステージを走っているのですが、自分は用事を済ませてから明日のスタート地点、飯田のホテルに先行。

作業場に着き用意。
ここ、飯田は全部のチームが集まって作業する数少ない所なのです。
いつも海外チームとはホテルも違い、国内チームも全部一緒に泊まるホテルはここ飯田と最終ステージの東京のみ。
各チームの作業を見られる&皆にお会い出来る同窓会的な場所。

シマノの大御所メカ、大久保さんと2ショット。
c0197974_23513964.jpg
シマノさんはいつも到着が早い、大久保メカの作業もじっくり見させて頂いた。

海外チームの移動は選手、スタッフはバス移動、自転車はトラックで運び込まれる。
KSPOのメカをやった時は、移動時間は自分バスで爆睡。
移動時間は大事な睡眠時間でした。

日本のチームは全部自前で動きます。
チームカーは監督、機材車2台はマッサーとメカがほぼ運転。
選手はレースが終わったら休んで回復させるのが仕事ですからスタッフが運転する事になるんです。
移動も長いし、結構大変な仕事なんですね〜〜!

色々準備していたら、海外チームの自転車がトラックで到着したので、バイクの移動を手伝う。

そのうち、キナンサイクリングチームも到着。
いつも通り洗車から。

中山メカと2馬力でも時間かかります。

作業終了が夜10時を回る、その後自転車の積み込み、後片付け。
本当に終わったのが11時過ぎ。
明日のスタートの時間を考えると多分朝5時過ぎには起きないと、、、ホントハードです。

他のメカから夜のお誘いを受けていたのですが、流石にもう終わってるだろうと連絡したら、、、。
c0197974_00372785.jpg
まだ皆さん話し込んでいました。
ニッポの福井メカ、坂本メカにもお会い出来、新しい出会いに感謝です。
お誘い頂きありがとうございました、、、って明日起きる時間は皆そんなに変わらないはず、タフですね〜〜!

自分はそのままセリカくんで帰宅。
流石に途中眠たくなってパーキングで何度も止まり、休憩しながら無理せず帰りました。

中山メカ、明日からは作業が増える+1人になるのでホント大変だと思います。

明日の南信州ステージが終ると、次は富士ステージ、ふじあざみラインのヒルクライム。
全長11.4km、平均勾配10.4%、最大勾配22%の激坂区間がある、難関ステージ。
殆どの選手がリアのカセットだけではなく、フロントギアの変更まで要求するのでメカの仕事が増えるんです。
本当はここから手伝いに行くのが良いのですが、流石にそんなに休めない。
その上、移動の車の運転もしなくちゃいけない。
好きじゃ無いと出来ませんね〜〜!

後半分、選手、スタッフの皆さん頑張って下さいね〜〜!

by bike-quest | 2019-05-22 23:41
<< 2019.05.23「YONE... 2019-05.21「ツアーオ... >>