2024.04.14「嬉しいですね〜〜!」
日曜午前中、2週間前にロードをお買い上げ頂いた同年代のお客様とパンライド。
今回のライドはこのお客様がメインゲスト、初めてのロードレーサー、走り方他、色々アドバイス出来たらなと思いました。
同年代の方がスポーツバイク始めて頂くのは本当嬉しいですね〜〜!!

お付き合い頂けたお客様と6人ほどで走り出す、初めてにしては良いペース。
途中パン屋さんに寄り道、ちょいと買い込んで20km離れた公園まで。
公園の眺めの良いところでティータイム。
2024.04.14「嬉しいですね〜〜!」_c0197974_14033765.jpeg
無事、帰りも良いペースでご帰還。
これだけ走れれば大丈夫、又初心者向けツーリング行きましょうね〜〜!


レバーがスカスカになって効かなくなったオイルディスクブレーキの修理。
ブレーキパット、ほぼ無くなっていました。

ブレーキパットを外してピストンが大分出ているブレーキキャリパーを洗浄します。
2024.04.14「嬉しいですね〜〜!」_c0197974_15231135.jpeg
オイルディスクブレーキはブレーキパットが減っていくとその分ピストンが迫り出してきます。
ワイヤー式ブレーキとの違いはココですね。
ワイヤーブレーキの様に途中調整しなくても勝手にブレーキパットの位置を調整してくれます。

このまま汚れたピストンを戻してしまうと動きが悪くなったり、故障の原因にもなるので綺麗に掃除。特にピストン側面の汚れを落とします。
2024.04.14「嬉しいですね〜〜!」_c0197974_15231246.jpeg
その後、ピストンを押し戻します。

キャリパー側のエアー抜いてからレバー側にオイルを送ると・・・・・。
2024.04.14「嬉しいですね〜〜!」_c0197974_15231219.jpeg
最初キャリパー側のエアーを抜いた時のオイルは赤いままでしたが、レバー側のオイルは真っ黒け〜〜でした。
レバー側のオイルは本当汚れますね!!
綺麗な赤のオイルが出てくるまで作業。

無事カチッとしたタッチが戻りました。

色々ブレーキの修理が入って来ますが、原因はそれぞれです。

ディスクブレーキの方、チェーンのオイルの差しすぎにも注意!!
チェーンの油が飛んでディスクブレーキに付着、効かなくなったり、音が出たりします。
スプレー式のオイルをチェーンに差す時も注意、ディスクブレーキにかかってしまう事も・・・。
余程気をつけないとスプレー式のオイルはディスクブレーキまで飛散しています。

オイルディスクは各メーカー、専用オイルがありますので混ぜない様に!!
大きく分けるとDOT系とミネラル系、知らずに違うオイルを入れてしまうと内部のゴム系パーツが傷んでしまいます。
最近は内部のスモールパーツが出ない所も多いので最悪全交換。

手でベタベタブレーキローター触るのもダメですよ〜〜!

にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ
by bike-quest | 2024-04-14 23:31
<< 2024.04.17「多分もう... 2024.04.10「フジヒル... >>