2018年 10月 12日 ( 1 )
2018.10.12「パンク修理」
一般自転車のパンク修理。

一番多いのが空気圧不足、空気が抜けたまま走る事によりタイヤとチューブがズレて削れたり、折り目が出来たりして穴が開くと言う事例。
2018.10.12「パンク修理」_c0197974_22554848.jpg
2018.10.12「パンク修理」_c0197974_22554854.jpg
2018.10.12「パンク修理」_c0197974_22554860.jpg
しっかり空気を入れれば防げるパンクなんです。

スポーツ車は特にシビアです。
最近、高校生の方がクロスバイクで通学している方が増えたようです。
クロスバイクを通学に使っている方のパンク本当多いです。
こまめに空気圧調整して頂ければ良いんですけど、、、。

一般自転車に比べ空気圧が高いし空気量が少ないので空気圧が下がりやすい→パンクし易いと言うことです。

先日、クロスバイクで通学したいという高校生の方には29インチのマウンテンバイクをお薦めして決めて頂きました。
一般自転車に比べ空気量が各段に多いのでパンクはクロスバイクに比べれば大分減ると思います。
空気圧上げれば一般自転車よりうんと軽く走れますし、慣れればタイヤを細くすればクロスバイクっぽく使えます。

価格もそんなに大差ないので通学用にはマウンテンバイク、オススメですよ!!

by bike-quest | 2018-10-12 23:38