2020年 02月 03日 ( 1 )
2020.02.03「今日もOH」
キャノンデールの古いバイクをOHして欲しいと持ち込んで頂きました。
使ってるとブレーキレバーがスカスカになって効かなくなると言う事で放置されていたようです。
シフターもグリスで固着、タイヤもボロボロ。

大体の金額をお伝えして作業にかかる。

まずは洗車、悪い所を確認する為、古いバイクの点検には欠かせない作業です。
お手伝いしているキナンサイクリングチームの選手の様に毎日洗っているバイクの洗車とは違い、長い間使ってこびり付いた油汚れの塊は本当に落ちにくい。
洗い方も汚れ方によって変えないとダメ、色々道具も使い分けます。

ついでにシフターをバラして洗浄作業。古いグリスを落としたら無事にスルスル動くようになりました。

次にエアー抜きをしようと、レバー側のネジを外したら中は空洞でした〜〜!
中のオイルが全然見えない〜!
2020.02.03「今日もOH」_c0197974_06400202.jpg
それにしてもレバー側のホースアダプター、種類ありすぎて大変。
これが無いと注射器が繋げない。
今回はテクトロ、当店にあるもので合ってよかったです。
2020.02.03「今日もOH」_c0197974_06395189.jpg
キャリパー、レバー、どちらにもエアーを噛んでいました、これじゃスカスカになる筈。
と言うかよくこのオイル量で動いていたなと、、、組んだの誰っ??
2020.02.03「今日もOH」_c0197974_06395666.jpg
しっかりピストンを動かし、側面の汚れを取ります。
出し過ぎると大変なので気をつけて、中性洗剤でしっかり洗います。
オイルは大分汚れていたので抜き変えました。

古いディスクはオイル漏れを起こしていることがあるので圧をかけ放置、確認。

ブレーキパットはしっかり残っていたので洗ってそのまま再利用。

後はタイヤやグリップ等の消耗部品の取り替え、もう少しお待ちくださいね!
生き返りますよ〜〜!

by bike-quest | 2020-02-03 23:06