2020年 03月 07日 ( 1 )
2020.03.07「SALSA(サルサ)」
デッドストックのサルサのキャセロール、スチールフレームバイクを組み上げる。

ロード乗りのお客様の息子さんの通学用にとお買上げ頂いた。
車輪はお客様が使わなくなったマヴィック「キシリウムエリート」を持ち込んで頂き、あとは105で組んで下さいと。

ヘッドのフェィスカット。
2020.03.07「SALSA(サルサ)」_c0197974_00164659.jpg
ここにヘッドのベアリングが収まるので上下の平行が出ていないとダメなんです、スムースな回転が得られません&ベアリングの持ちが違います。
2020.03.07「SALSA(サルサ)」_c0197974_00165815.jpg
今の流行りのスチールフレームはフレームに直接ベアリングを入れるインターナルタイプが主流ですが、自分はオーソドックスなこのヘッド圧入のクラシカルなタイプが好きです。

BBも勿論フェィスカット。ここの両脇にベアリングが収まります。
2020.03.07「SALSA(サルサ)」_c0197974_00170603.jpg
BBをねじ込むので錆びないように中はグリスで保護。
2020.03.07「SALSA(サルサ)」_c0197974_00171641.jpg
何とか今日中に組み上げますと約束したので、今日も夜なべ仕事頑張ります!!

もう一台も、組みかける。
2020.03.07「SALSA(サルサ)」_c0197974_00173974.jpg
29カーボンリジットフレームのMTB。
完成車なのですが、リアのブレーキがスカスカだったので、エアー抜き。ブレーキを外したのでついでにブレーキ台座のフェイスカット。

今のバイクはオイルホースや変速ワイヤー内蔵なので、昔みたいにキャリパーを外して垂らしておくと言う作業は出来ない。
キャリパー側のエアーは結構悪さをする事が多いのでしっかりやっておきたい作業です。

フレームを立ててキャリパー側を下にして一日置いておきます!

by bike-quest | 2020-03-07 23:11