2020年 06月 22日 ( 1 )
2020.06.22「Bicycle Planner「HGSBT」」
Bicycle Planner (バイシクルプランナー)の東畠さん、ナカガワサイクルワークスで学び、2019年「HGSBT」を立ち上げ、独立、フレームを制作されています。
テストしてくださいとフレームをお預かり、ずっと展示してあったんですが、やっと組みあがりました。
2020.06.22「Bicycle Planner「HGSBT」」_c0197974_22303278.jpg
何で組もうか、、、、と今の剛性感のあるゴツイパーツじゃ似合わないなと、昔のカンパ10Sレコードを引っ張り出しました。
この頃のパーツには丸ハンドルが似合うかなぁと。

ホイールは近代的にMAVICのキシリウムカーボンチューブレス。
流行りのハイトの高い車輪よりクロモリの細いフレームにはこのホイールが良い感じ。
ワイドリムの25Cでタイヤはギリギリかな?ピュアレーサーなら良いのですが、これからはまだタイヤ太くなりそう。
でも、オーダーの時にその辺りは十分話し合えるので大丈夫かなと。

スチールの乗り味の良さと、キシリウムカーボンの衝撃吸収性、チューブレスタイヤの乗り心地の良さ。
どんな感じかホント楽しみです。

コンパクト削られたラグ。
2020.06.22「Bicycle Planner「HGSBT」」_c0197974_22303687.jpg
トップチューブにはBicycle Plannerのロゴが!
2020.06.22「Bicycle Planner「HGSBT」」_c0197974_22304671.jpg
画像じゃちょっと見にくいですがシートステーは最初と最後はちょいと縦に、間は横に潰しがかかっています。
2020.06.22「Bicycle Planner「HGSBT」」_c0197974_22304065.jpg
エンドも凝った作りですね!!
2020.06.22「Bicycle Planner「HGSBT」」_c0197974_22305053.jpg
ペダルレスの重量は。
2020.06.22「Bicycle Planner「HGSBT」」_c0197974_22305607.jpg
スチールフレーム、スチールフォークでこの重量は優秀でしょう!!
やっと組み上げられたので明日ちょっと長めに走ろうかなと思っています。

今年、春の王滝に向けてリジットフォークからサスペンションフォークに交換したいと言われていたお客様、2020のモデルが早々に売り切れてしまいました。
でもコロナで春が中止になってしまい、秋に間に合えば良いと2021の新しいモデルをインストール。
本日取りに来て頂いた。

店の前でちょっと乗って頂いたのですが、「全然違う〜〜〜!」と。
2020.06.22「Bicycle Planner「HGSBT」」_c0197974_22310852.jpg
と思ったら、秋の王滝も中止と発表が、、、。
その後、全日本ロードも中止???の発表、、、、。

王滝、やって欲しかったです、、、。

でも全日本ロードは1年に一度、全日本チャンピオンを決める大事な大会。
どこか締め切ったコースで無観客だったら開催出来たんじゃないのかなぁ〜〜!
開催時期遅らせるとか、色々方法があるような気がするのですが、、、、。
1年間、全日本王座が空いているのは悲しいなぁ〜!

by bike-quest | 2020-06-22 23:20